土地の運用のポイント

土地を賃貸物件にする

土地探し

何もない土地に賃貸として使えるビルなどを建設して、お金を手に入れていくというビジネスがあります。
このとき、土地に建設する建物についてはすべてをオフィスにするのではなくて異なる業種でも入れるようにすることです。
例として、5階建ての建物を建設したら1階は喫茶店にして残りの階をオフィス向けにするのです。
このようにすることで、企業及び喫茶店から使用料を得ることができるようになります。
気出店を行う喫茶店においては、オフィスで働く人々やその他の人たちを取り込むことができるのです。
他方で仕事をする人は、この物件を選択することで昼休みを過ごせる場所を確保できます。
また昼食時においては、食事の提供を受けることもできるという側面もあります。
このように賃貸をするときには、設計段階において他業種でも入れるように工夫をするのです。
賃貸料金という項目以外にも、入居する相手についても考えておくことで異なるタイプにすることができます。

土地購入や住宅ローンについて

住宅や土地を購入する場合になかなか一括で支払うというのも難しいものです。
そんな時に助けになるのが住宅ローンというシステムです。
このシステムは新しい住宅の購入や改築などをするために土地や家を担保として銀行などから資金を借りる事をさします。
返済額の目安は約25%以内とされ、収入や経済状況に合わせて返済可能金額や無理のないローンを組むことが大切になります。
また、この融資を受けるには返済が滞った場合に債務を負う連帯保証人や連帯債務が必要となります。
自分で保証人を探すか、保証会社などに保証料を支払い連帯保証人になってもらう制度を利用するとよいでしょう。
住宅ローンはデフレの影響をうけやすく、戸建にしてもマンションにしても建物の資産価値は下がるとされています。
建物よりは緩やかではありますが土地も影響も受けます。
しかしデフレの場合、物件価格が安くなったり、多くの融資の実効金利が低くなるというメリットもあります。
最終的な総支払額を減らす事も可能ですので、ご自分の状況にあわせて上手に利用してみて下さい。