土地の運用のポイント

土地の売買においての宅建業者の手数料について

宅建業者の手数料

宅建業者の仲介手数料は売買代金の3%に6万円を加えたものに消費税を足したものが、手数料の上限とされています。
ここで、勘違いしやすいのがあくまで上限であって、無料であっても何ら宅建業法に違反はしません。
最近は宅建業者間での競争が激しくなってきており、この仲介手数料にも正規の金額を請求しにくくなっている現状があります。
大手は基本値引きをしないようにしていますが、平日に商談がまとまった場合の割引制度や仲介手数料分の商品券を渡す等、実質値引きをしている宅建業者も出てきています。
土地の売買ですと、売買代金にははじめから消費税が入っていない売買になりますので、例えば対象の土地の価格が1000万円であったとすると、最初の計算式に当てはめて、1000万に3%をした30万、プラス6万で36万、これが手数料で消費税が今ですと8%ですので、36万に1.08を掛けたものがこの売買においてあなたが支払う仲介手数料となります。

土地の売買においての手付金とはどんな意味なのか

自分の土地を買い、そこに家を建てたいという希望を持っている人は多く、たくさんのご家族が望んでいる夢だといっても過言ではないでしょう。
土地は非常に高額な買い物であり、売買のタイミングによっては、価格が大きく変動する可能性も秘めています。
そのためその土地を購入する意思があるということを明らかにするために、買い手側が手付金を支払うことがほとんどです。
手付金の金額は購入する不動産の額に比例しますが、実際に購入することが決まれば、その代金の一部として売買代金に充当されます。
けれども購入を見送った場合には、こうした金銭は返却されません。
金額的にも高額になることが多く、支払う側としても、もし返却されなければ大きな損失になることは明らかです。
そのため双方がきちんと売買契約を締結する意志を持っており、売買契約を締結することを前提として、買い手側から支払われる金銭であるといえます。
土地を購入する側は手付金を支払うことがほとんどであり、こうした支払いをすることで購入の意思があることを示しており、他の購入希望者に優先して、取引を行うことが可能になります。