土地の運用のポイント

不動産業者は土地を使って商売をする

登記

不動産事業を営む業者は、土地を使って色々な事業を行っていくというケースが存在します。
土地を購入して、そこにマンションを建設して販売をしていくあるいは貸し出すといったことです。
この他にも、ショッピングセンターのような商業施設を作ってそれによる収入を稼いだりします。
この他にも、土地に関しては様々な使い方があるのでそれに応じたビジネスができます。
都市に入る車が多いときで郊外との境界に用地を持っていれば、次のようなことができます。
そこに駐車場を整備して同時にバスターミナルを運営していきます。
これにより、バス会社による使用料と駐車料金による利益を得ます。
この他にも都市に流入する自動車が減少することで、それによる二酸化炭素も減っていきます。
それによって、社会的な利益も発生させていく結果に結びつけていくことも可能となります。
またその結果は不動産業者に対して、社会貢献に対するアピール材料に使うことができます。

農地転用で土地を活用してきた歴史

農地転用の名残は、日本中の至るところに残されています。
今では大規模な住宅地になっている場所であっても、街路が複雑に入り組んでいるようであれば、昔は土地が農地であった可能性が高くなります。
日本の人口が近代化以降に爆発的に増えていることを考慮すれば、農地も利用して宅地を造成する必要が出てくるのは自然なことです。
農地は先祖代々にわたって守り続ける伝統があり、一度でも転用すれば元に戻すことが困難になります。
そのため、戦後には農地法が施行されて、農地転用を行うためには農林水産大臣や都道府県知事の許可が必要になりました。
日本の食料自給の要となる農地を保護すると同時に、土地の公正な利用を促進するために、農地法は欠かせない法律になっています。
土地は農地のままであれば、50年以上が経過しても景観の変化は少なくなります。
しかしながら、農地転用で宅地や商業地に変われば、短期間で昔とは全く違った景観に変化することも珍しくありません。